永田司法書士事務所からの新着お知らせ

  <<前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   次へ>>
2011.04.01

登記事項証明書等の交付手数料の額が引き下げられます

登記事項証明書等の交付手数料の額が平成23年4月1日より引き下げられます。
主な例として、法務局窓口で交付される不動産及び商業・法人登記の登記事項証明書(謄抄本)を取得するための交付手数料は700円となります(平成23年3月31日までは1,000円でした)。
また、登記事項証明書等の交付手数料の納付に使用していた登記印紙が平成23年3月31日をもって廃止となり、今後は、収入印紙で納付することになります。ただし、当分の間は、既に発行されている登記印紙によって手数料を納付することもできます。

2011.04.01

土地売買による所有権移転登記の登録免許税額が変わります

不動産の登記の際、登録免許税法に基づいて国に納める税金を登録免許税といいますが、土地売買による所有権移転登記の登録免許税額が平成23年4月1日より変わります。

平成23年3月31日までに土地売買による所有権移転登記をすると、登録免許税額は土地の評価額の1,000分の10でした。

平成23年4月1日以降は、土地売買による所有権移転登記の際の登録免許税は、次のとおり段階的に引き上げられます。

平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
1,000分の13

平成24年4月1日から平成25年3月31日まで
1,000分の15

平成25年4月1日から
1,000分の20

となります。

  <<前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   次へ>>

ページトップへ